仕事の上で挨拶は大切

ビジネスの上で大切な挨拶

ビジネスには上司への挨拶が肝心

ビジネスには、コミュニケーションの一環として「おはようございます」「お疲れ様です」「失礼します」などの挨拶が不可欠です。就活の面接のときにも、服装や態度などと一緒に、面接官が注意して見ていますし、面接審査の対象になります。上司に対して適度な挨拶ができれば礼儀正しい、常識のある部下と思われ、上司からの受けもよくなります。ビジネスの現場では、会社内でもクライアントに対しても基本なことで、ちゃんとできれば、それだけで出世できるかもしれない可能性もあり、社会生活の上でも大切で、自分の評価にもつながる重要事項なのです。

ウマが合わない上司との対応

ビジネスパーソンの多くが悩むことの一つに、上司とウマが合わないということがあります。よく話すし、よく話を聞いているつもりで、つまりコミュニケーションは十分なはずなのに、何か微妙なずれがあってうまくいかないというようなこともあります。これらは、ある意味仕方がないことです。ビジネスパーソンは皆同じというわけには行きません。生まれた環境、育ったところ、影響を受けた人物、自分の価値観、興味などそれぞれ違うからです。ではどうしたらいいかということですが、上司の興味や関心事項をよく観察することです。そして、自分とは違うこともあると考えて、相手の土俵に近づいたり、上ったりすることなのです。そうすると相手も、今度は自分に合わせてやろうという姿勢になってきます。

↑PAGE TOP