翻訳の仕事は宝くじ

翻訳の仕事は宝くじのよう

翻訳の仕事は宝くじに似ている

小説が書けなくても作家になれます。それは、海外書籍の翻訳です。書籍の翻訳は宝くじのような仕事といえます。いろいろな国で、本は出版されています。そのなかから、これぞという本を見つけ出し、自分で訳し、出版社に持ち込んで出版してもらうか、自費出版するのです。その本が、ベストセラーになり、10万部、いや、100万部も売れることはあります。販売部数により、巨額の印税が入ってくることがあります。それもこれも、すべては売れそうな原書をみつけることです。

↑PAGE TOP