手形割引の仕組み

手形割引の仕組みについて

手形割引の仕組みについて知る

手形は記載されている期日が来なければ換金できず、手形割引は、手形が決済される期日前に、手形を金融機関もしくは手形割引業者に持ち込んで、手数料を支払い現金化することです。早期に現金が必要な時は有効な手段です。割引手数料は経理上では手形売却損として損金処理にします。手形を割引するときは、必ず裏書しなければなりません。万が一、手形の振出人が不渡りを出せば、手形を振り出した振出人と裏書人が連帯で責任を負う形となります。

↑PAGE TOP