上司の呼び方に注意を

仕事中に上司を何と呼ぶか

上司の呼び方について

ビジネスの中で上司との関係は重要な問題のひとつです。ここがうまく行くか行かないかで、会社での今後の運命まで左右されると言っても言い過ぎではないでしょう。さて、ひとつよくある問題として、上司の呼び方があります。これは実のところこうあるべきというビジネス上のルールやマナーはありません。はっきり言うと、その職場や会社ごとに違います。日本の企業でごく一般的なのは役職で呼ぶというものですね。〇〇課長とか単に課長と役職名しか呼ばないところもあります。これに対して、新興企業で増えているのが、さん付けの呼び方です。こちらは上下の関係を取り払ってコミュニケーションを促進しようという考えの企業に多く見られます。

上司があなたの出世のカギを握る

ビジネスマンにとって、出世は非常に大事なことです。では、出世するためには何が必要でしょうか。例えば、すごく仕事ができるが、周りに気に入られない人と、ある程度仕事ができるが、周りに気に入られている人がいたら、どちらが出世しやすいでしょうか?正解は後者。ビジネスにおいては、チームワークも大事なことです。この輪を乱さずに仕事できるということは非常に重要であり、査定ポイントのひとつです。では、この査定ポイントを付けるのはだれかというと、それは上司となります。つまり、上司に気に入られない人が出世するのはなかなか難しいことです。周囲とチームワークを取れる人こそ、求められる人材かもしれません。

↑PAGE TOP