上司にメールをする

上司にメールするなら

上司にメールをする時の注意点

ビジネスシーンで上司にメールをする場合、いろいろと注意しなくてはならないことがあります。敬語の使い方から返信の仕方、お礼の文面など気を使う場合が多いです。マナーがあるのはわかっていても、いざ文章を作成するとなると、なかなか難しいものです。ビジネスの場面では上司からメールを受け取ったり、送ったりすることが頻繁にあります。間違った知識のままでは相手の信用を失ったり、迷惑をかけてしまうことがあるかもしれません。適切な書き方をきちんと把握することは、スムーズに仕事をする上で重要な社会人としてのマナーです。

部下の育成と活用について

ビジネスパーソンで上司と言うような立場、つまりマネジャーとかリーダーというようになったときには、四つの使命と役割、つまり責任があるとされています。最初が業務の推進で、仕事である以上それを効果的効率的に目的達成のために粉骨砕身することです。二番目が上司の補佐です、社長以外は上に立つ人がいるわけで、ビジネスパーソンとしては当たり前のことになります。三番目が人と組織の活性化です。個人主義がはびこっていますが、企業が強固になるには、不可欠です。そして四番目が、部下の活用・育成ですが、人を扱う以上、心して取り組むことが必要であり、かつ前の三つを行うためには欠くことはできないはずです。

↑PAGE TOP