ビジネスマナーを学ぶ

ビジネスマナーを学んでおく

上司から学ぶビジネスマナー

大学から新卒で企業に入社すると、電話での対応やクライアントに接する時のビジネスマナーがわからなくて戸惑うこともあるかと思います。同期に入社した同僚から話を聞くよりも、先輩や直属の上司である、課長などの仕事の進め方から学ぶことが効率が良いようです。ビジネスの現場では、対外的な会社との関係が重要となり、マナーが悪ければどんな良い仕事をしても、あまり評価されないこともあります。勇気をもって上司に相談したり、行動や言動を真似ることで自分の身につくこともあります。まず、先輩との接し方から考えてみるのも有効です。

上司と上手くやれるコツ

会社での評価を直接的に左右するのは、直属の上司です。日々の業務を円滑に進めるためにも、また将来にわたって評価を上げていくためにも、上の人との関係は特に気を付けなければいけません。よくビジネス上の行動規範として、報告・連絡・相談、略して報連相と言いますが、これはずばり上下間のコミュニケーションを下からとっていくための極意を端的に言い表した言葉で、ここに全てがあると言っていいでしょう。ビジネスの基本である報連相はどれが欠けてもうまく行きません。黙っていても上司が見ていてくれる、などという事はほぼ絶対にないと思って自分から行動していく事が大事です。

↑PAGE TOP